自転車の用語集 (ち)

BMXショップ カプリチョーサ / トップへ戻る


自転車のパーツ・技名・工具などの用語を集めてカプリなりの解説をつけてます。
 カプリの独断と偏見で編集しておりますので、ご理解ください。
 あきらかに違うだろうという箇所がありましたら、 こちら からご一報いただけるとうれしいです。
 また、知りたい用語がありましたら、 こちら からご連絡いただければ幸いです。

目次へ

 チェーン  
 金属のコマをつなげた動力伝達装置。
 チェーンの素材・長さ・コマの幅などがいろいろあるので、自転車にあったチェーンを選ぼう。
 半コマのみでつくってあるチェーンもある。
 チェーンをつなげるには、ジョイントでつなげる場合がほとんどだが、BMXストリートのように
グラインドをするような場合は、ジョイントでつなげるとすぐに外れる場合があるので、ピンでとめる
こともある。
 BMXではあまりチェーンの手入れはしないが、他の自転車の場合、オイルをつけたりするが、
つけすぎはよくなく、かえってゴミをくっつけたりするので、要注意。
 一般自転車には、ハイガードチェーンをお勧めしている。名前のごとく、チェーンにコーティング
処理をほどこしているので、錆びにくいからだ。

 チェーンカッター  
 チェーンを切るための専用工具の名前。
 上手く装着して使わないと、工具を痛めやすいので、要注意。
 カプリでは、パンがやりますので、カットしたい場合はいってください。

 チェーンステー  
 BB(クランクのところ)とリアアクスル(後ろのハブ)を結ぶフレームのパイプ部分のとこ。
 チェーンがついてる側とついてない側ともにチェーンステーというので、右(ライト)チェーンステー・
左(レフト)チェーンステーなどと区別する。(自転車にのった状態で、右左をわける。)
 もしくは、チェーン側のチェーンステー、チェーンついてないほうのチェーンステーでもつたわるが

 チェーンステーカバー  
 チェーンステーのカバーのこと。(そのまんま)
 通常は、チェーンをつけるほう側のチェーンステーにカバーをして、チェーンでチェーンステーを
傷つけないようにするために使用する。

 チェーンテンショナー
(チェーン引き・チェーンデバイス)
 
 チェーンの張りを一定に保つための部品。
 両側つけたり、片側だけつけたりする。いろんな素材、形があるので、自転車にあって自分の好きなものを
選ぼう。
 BMXの場合、数gだが、重くなるのがイヤでつけない場合が多いが、リアフレームがまがっている場合、
チェーンテンショナーでセンターだしをすると整備が楽にはなる。

 
 チェーンリング
(スプロケット・ギヤ)
 
 クランクのところについているギヤ板のこと。
 BMXでは、クランク側のリングをスプロケット(略してスプロケ)と呼び、リアハブ側のリングはコグと呼ぶことが多い。
 自転車によって、呼び方の区分けが違っているので、注意。

 

目次へ

BMXショップ カプリチョーサ / トップへ戻る

BMXプロショップ・カプリチョーサ
岐阜県可児市川合193-4
TEL 0574-63-7953

Copyright 2003-2013 caprichosa