自転車の用語集 (へ)

BMXショップ カプリチョーサ / トップへ戻る


自転車のパーツ・技名・工具などの用語を集めてカプリなりの解説をつけてます。
 カプリの独断と偏見で編集しておりますので、ご理解ください。
 あきらかに違うだろうという箇所がありましたら、 こちら からご一報いただけるとうれしいです。
 また、知りたい用語がありましたら、 こちら からご連絡いただければ幸いです。

目次へ

 ベアリング  
 パーツが回転する仕組みになってるようなところで、摩擦抵抗を少なくするために使用される部品。
 複数の小さいボールを枠内や、レール上で転がす仕組みになっている。
 ボールがむき出しになってるものを、「ボールベアリング」といい、枠でかこまれて、ゴムや鉄などで中のボールが見えないように蓋がされ遮断されているものを、「シールドベアリング」と呼ぶ。
 ボールのかわりに、円柱を使用したベアリングのことを「ニードルベアリング」といい、円錐形を使用したベアリングを「テーパーベアリング」という。
 ボールベアリングの場合は、ボールがむき出しのため、ゴミなどがつきやすく、使用感がゴリゴリした感じがどうしてもある。反対にシールドベアリングだと、ゴリゴリ感がなくスムーズ。最近のヘッドセットもこのシールドベアリングが多くなってきた。
 どのベアリングも組み付けるパーツの締めすぎには注意。
 ボールベアリングはとくに、時折オーバーホールをするのがお勧めだが、調子がいい場合は下手にかまうと、ボールの位置がずれるので、ゴリゴリ感が一層増すこともあったり、固定枠が破損してることもあるので、要注意な部分ではある。。。

 ペグ  
 ペグ(Peg)は英語でくぎ、くいのいうことを示し、携帯式空気いれをとりつけるためのポンプペグと呼ばれる突起状の部位などを意味することもある。
 BMXのストリート&フラットでは、前後ホイールのハブ横についている足のせの棒を意味する。
 数年前まで、ストリートは細くて、ツルツルしたものが好まれ、フラットは、太くてローレットがついているものが好まれたが、現在は、どちらも軽くて、細いものが好まれるようになった。フラットはやはりローレットがついていたほうが足がすべらなくてよいのだが、デッキテープなどを貼るということで対応することもあり、必ずしもローレットがついていなくてはいけないってことはなくなってきた。
 また、ストリートは、グラインドをする人むけに、肉厚があって、減りにくい鉄製が主だったが、最近は、アルミだったり、チタンだったりと、必ずしもグラインド重視ではなくなってきている。パーク用に、プラスチックでできたカバーなどもあり、環境に配慮した商品もでている。
 ちなみに、ママチャリにつける小さいペグ状のものは、ハブガードといい、別ものです。

 
 ペダル  
 クランクにつける足をのせて漕ぐ力を加えるための部品。これがなければ、自転車を漕げない。
 スポーツバイクには、足をペダルの上で固定できるビンディングペダルが使われる。
 いろんな形や、素材・カラーがあるので、自分のスタイルで選べるところ。
 最近は3ピースのクランクが主流になったため、間違えることは少なくなったが、1ピースクランクを使用している場合は、ペダルのねじのサイズが違うので注意。
 
 ペダルレンチ  
 ペダルをクランクに取り付けるための工具。
 15mmのレンチなので、代用可能だが、専用工具だと、クランクの間が狭い場合なども対応できたり、トルクをかけやすい構造となってるので、便利。
 最近は、シャフト先端のアーレンキー用ネジ穴を利用してペダルを取り付けるタイプもでてきているが、一般的な自転車はこのレンチで十分対応可能。

目次へ

BMXショップ カプリチョーサ / トップへ戻る

BMXプロショップ・カプリチョーサ
岐阜県可児市川合193-4
TEL 0574-63-7953

Copyright 2003-2013 caprichosa