自転車の用語集 (え)

BMXショップ カプリチョーサ / トップへ戻る


自転車のパーツ・技名・工具などの用語を集めてカプリなりの解説をつけてます。
 カプリの独断と偏見で編集しておりますので、ご理解ください。
 あきらかに違うだろうという箇所がありましたら、 こちら からご一報いただけるとうれしいです。
 また、知りたい用語がありましたら、 こちら からご連絡いただければ幸いです。

目次へ

 LED (エルイーディー)
 自転車のヘッドランプなどに使われるようになった発光ダイオードのこと。
 電球タイプだと、玉切れをよくおこしていたが、LEDライトは寿命が長いため、
ライトがきれるという心配がなくなってきている。
 また、一般自転車のLEDライトにおいては、従来のものよりも明るいため、かなり夜間走行が
安全になってきている。

 エンドキャップ  
 ハンドルバーの両端につけるキャップのこと。
 別名:エンドプラグ、バーエンド などとも言う。
 ハンドルバーの両端をだしっぱなしにしていると、転倒時などに体を傷つける恐れもあるし、
BMXにいたってはとくにフラットだとハンドルの端をもったりするので、危険であるため、
蓋をしておいたほうが安全である。
 また、ダートや、ダウンヒルの場合は、そこから土がはいりこむと、だすのが大変となる。


 エアゲージ  
 空気圧計。
 タイヤなどの空気圧を測定する機械。
 自転車の場合は、空気ポンプについているものが多い。
 一般自転車ではあまり空気圧を気にされずに乗られてる方が多いため、なじみがないが、スポーツ車を乗られている場合は、規定の空気圧もしくは、乗り方にあった空気圧をいれられる方が多い。
 ゲージつき空気ポンプは、いろんなバルブに対応してる場合が多く、ゲージなしよりは値段が高いが1本もたれていてもいいと思う商品のひとつかと思う。

 エンド幅  
 チェーンスティの爪(ドロップアウト)の内面間距離のこと。
 ハブのロックナット間の距離に対応している。
 ただし、BMXの場合、あまり厳密ではない場合が多く、ハブをはめると隙間がでたりする場合があるが、ワッシャーやナット等で調整したり、ハブナットを締めることによって隙間をなくしたりすることが多い。

目次へ

BMXショップ カプリチョーサ / トップへ戻る

BMXプロショップ・カプリチョーサ
岐阜県可児市川合193-4
TEL 0574-63-7953

Copyright 2003-2013 caprichosa