TSマークのご案内

BMXショップ カプリチョーサ / トップへ戻る

TSマークのことをもっと詳しく知りたい場合は、財団法人 日本交通管理技術協会 HPをご覧ください。
そこに 「まさかの未来」 というTSマーク用の動画がありますので、ぜひ一度ご覧ください。
また、ポリスチャンネル ビデオライブラリー もお勧めです。

 TSマークとは?
 財団法人 日本交通管理技術協会が定めた技能検定試験に合格したプロの整備士が、点検・整備をおこなって、
安全機能が確認された普通自転車に、その証しとして付帯される保険のことです。

 何に保険がつくの?
 許可をもつ整備士が点検・整備した普通自転車の本体に保険がつきます。
 乗ってる方が登録をした方でなくても、登録をした自転車に乗ってみえたのならば、保険が適用されます。

保険の有効期限は?
 登録をされた日から1年間有効です。
 当店では1年経過する前後にご案内の葉書をお出しします。
 続けて保険をつけられる場合は、当店または、全国の安全整備店で、点検をしてもらって、TSマークをつけてもらってください。
 尚、更新は任意です。
 更新をされなかった場合は、当店からの案内葉書は出しませんのでご了承ください。


料金は?
 各店舗によって設定料金がありますので、ご確認ください。
 尚、どこの店舗でも点検料+交換部品料金となります。
 (TSマークをつけるためには、普通自転車規定をクリアしなければいけない為、適合してない部品等があった場合交換しないといけません)


 当店では、青色TSマークの点検料¥1500 赤色TSマーク点検料¥2000とさせていただいており、部品等交換が必要な場合は
別途請求とさせていただいております。

 補償内容は?
損害補償・・・TSマークが貼付されている自転車に搭乗中の人が国内の事故で、事故の日から180日以内に死亡
          又は重度後遺障害(1〜4級)をおった場合 
赤色TSは一律100万円 青色TSは一律30万円 支払われます。
            また、上記の事故によって入院加療15日以上の損害をおった場合 
赤色TSは一律10万円 
          
青色TSは一律1万円 支払われます。
 
賠償責任補償・・・TSマークが貼付されてる自転車に搭乗中に第3者を死亡又は重度後遺障害(1〜7級)を
              負わせたことにより法律上の損害賠償責任を負担した場合に 
赤色TSで最高限度額2000万円 
              
青色TSで最高限度額1000万円 支払われます。

支払いできない場合・・・・・ ○盗んだ自転車等、正等な権利を持たない自転車に搭乗している間に起きた事故。
                     ○
道路以外の場所での競技、興行(練習も含む)のためにおきた事故。
                     ○自転車搭乗者の故意による事故
                     ○地震、噴火、津波による事故
                     ○いわゆるむちうち症、または腰痛で他覚症状がないもの(損害補償)
                     ○同居の親族に対する賠償事故(賠償責任補償)
                     ○同乗者に対する賠償事故(賠償責任補償)

 
 事故が起きたらどうすればいいの?
TSマークを貼ったお客様の自転車が事故をおこしてしまったとき。
 @けが人の救助・・・119番通報します。
 A事故の届出・・・110番又はもよりの警察署へ届けます。
 B自動車安全運転センターへ交通事故証明書の請求・発行をしてもらいます。
 C三井住友海上火災保険 または 自転車安全整備店(TSマークをつけてもらった店)のどちらかに連絡をいれてください。

以上のことをお客様にお願いします。
 その後、三井住友海上火災保険より保険金請求用紙が送られてきますので、指示通りに記載、送付してください。
 支払い認定されると保険金が支払われます。
 
*必ずしも保険金が支払われるとは限りませんのでご了承ください。
  日本交通管理技術協会(支所)と三井住友海上火災保険が事故調査をし、対象と認定されたら、支払われます。

 自転車の事故なんでおきるの?
 自転車 X 自動車 の事故はよく聞かれると思います。
 最近増えているのが、自転車 X 自転車 または 自転車 X 人 です。
 たとえば、15歳の高校生が塾の帰り(夜19時ごろ)自転車の前ライトはつけていたが、散歩中の歩行者が黒い服をきていたため
発見が遅れてぶつかってしまった。歩行者は頭を強打し、すぐに救急車をよび病院へいったが、、蜘蛛膜下血腫をおこし、
翌日に死亡された事例があります。
 このときの自転車には、赤色TSマークがついていたため、賠償金1000万円と弁護士費用約88万円が保険より支払われました。
 (この事例は平成14年のため最高額は1000万円でした。平成17年3月25日以降でこのケースの場合最高2000万円まで補償されます)
 自転車に乗っていたのが支払い能力のない幼児・小児だとしてもその保護者が賠償金などを支払う義務が発生します。
 もしも、自分が・・・・または自分のお子さんがそんな事故を起こしてしまったら・・・・と考えてみてください。

 ポリスチャンネル ビデオライブラリー もご覧ください。



BMXショップ カプリチョーサ / トップへ戻る

BMXプロショップ・カプリチョーサ
岐阜県可児市川合193-4
TEL 0574-63-7953

Copyright 2003-2012 caprichosa